SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

初級管理職のビジネス書レビュー

本の感想文(レビュー)と独り言コメント語録。
<< なぜ、あの人の話し方だと売れるのか?/営業は感情移入 | main | 感動を与えて逝った12人の物語―1000人の死を見届けた医師が書いた >>
セルフトーク・マネジメントのすすめ/鈴木 義幸
0
    セルフトーク・マネジメントのすすめ
    セルフトーク・マネジメントのすすめ
    鈴木 義幸

    やはりやる気やプラス思考(ポジティブシンキング、アファメーション)だけではうまくいくわけがなく、苫米地英人氏のいう自己洗脳だったり、最近はやり(?)の潜在意識への働きかけが必要だと言うことを改めて感じた。

    7つの習慣』の「主体的な行動」「反応的な行動」と同じことを言っていると思うが、こちらの方が非常にわかりやすく、具体的に何が起きていてどうすればよいかの理解が深まり、どうすればよいかのヒントをもらえた気がする


    ・行動を直接変えることは難しい。
    ・感情だけ変えても「ダウト」が生まれる。

    ・セルフトークA(automatic)
     「感情」を呼び起こし「反応」としての行動を導く。自分の意志にかかわらず自動的に「生まれる」。雑念
    ・セルフトークB(bear)
     「理性」を呼び起こし「対応」としての行動を導く。自ら「生み出す」。有用。これをどう利用するかがセルフークマネジメントのポイント。

    ・セルフトークを「変える」「使う」「減らす」「なくす」

    ・セルフトークA:セルフトークB
     感情的反応:理性的対応
     引き起こされてしまう「受け身」の行動:自ら生み出す「積極的な」行動
     悩むこと:考えること
     自分を守る:相手のことを考える
     must:want
     期待や予想と現実がことなる:そもそも期待しない
     他人に貼ったレッテル:「そう判断するのに十分なデータは?」「その判断を覆すデータはないのか?」

    ・「未完了」はセルフトークAを生む。

    ・相手の背景を探る質問、視点を変える質問などが、セルフトークBとして有効。


    表紙の裏書き
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    刺激と反応の間には、いくばくかの「間」が存在します。
    私たちはこの「間」の中で、自分の反応を選択します。
    私たちの成長と自由は、私たちが選ぶ反応にかかっているのです。
    ヴィクトール・E・フランクル
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


    大学時代に読んだっきりで、最近も購入したまま積まれてしまっている『夜と霧』、やはりもう一度読もう。

    | 感想文的書籍レビュー | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://books.yo-music.com/trackback/1253220